efo導入を考えた時!最安会社の価格を徹底比較!

パソコン9

個人商店にefoを導入したいけれど、料金の高い会社ばかりなので、とても手が出ないと思っている人はいませんか。そもそもefo自体をよく知らない、そんな人もいるかもしれませんね。efoについて分かると「なるほど」「これは我が社にも導入したい」、そういった感想を持つこと請け合いです。

以下にefoとは何か、格安のefo会社とはどこなのかの情報をまとめました。是非参考にしてください。


efoとは?

efoとは、Entry Form Optimization(エントリーフォーム最適化)の略称です。お問い合わせフォームやお申し込みフォームの入力をフォローすることで、途中離脱を減らし、確実に申し込みを完了して貰うための対策です。

一般的には、何の措置も講じていない入力フォームでは、フォームに入力する画面が出た時点で、約60%の訪問者がサイトを離脱しています。これには「入力後送信するとエラーが表示され、しかもエラー箇所がわからない」「エラーの度に入力をやり直しさせられる」など、フォームを入力する際ユーザーに面倒を感じさせてしまうことが原因にあるようです。

「入力に手間がかかる」「何度も入力し直さなければならない」などの入力ストレスは、利用者を早々に離脱させ、会社としてもお客を得る機会を損失させるだけです。入力フォームを最適化する方法は色々とあります。「電話番号の欄では、全角で入力したとしても半角に自動変換させるようにしておく」「郵便番号入力だけで住所の市区町村までが自動入力出来る」「文字入力にエラーがある場合は、瞬時にエラー箇所を知らせる」など工夫次第で、入力ストレスを感じにくい、効果的な入力フォームに改善することが出来ます。

efoは、入力フォームを格段に使いやすくすることで、フォームに記入しようという意欲のあるユーザーを、確実に顧客へと結びつける施策として、高い効果が認められているのです。

efo導入のメリットとは?

efo導入のメリットには、様々なものがあります。まず、サイトのコンバージョンレートが上がります。コンバージョンレートとは、サイトのビジターに対する「申込者」「登録者」の比率のことです。まさしくこれが、efo導入の目的と言えるでしょう。

efoはサイト訪問者の側に立ったわかりやすく、入力しやすい入力フォームへの改善が可能です。さらに、申し込みデータの管理がしやすいというメリットも与えられます。efo導入の過程で、入力項目の見直しが行われますので、不要な項目は削られます。

結果的により集計・整理がしやすいという利点が生まれます。加えて、efo導入により、リピーターの増加も見込むことが出来るでしょう。入力しやすいフォームは、利用者にストレスを与えず、寧ろ快適さを提供するのです。

ユーザーに「またあのネットショップで注文しよう」という気持ちを起こさせる1つの心理的要因となるでしょう。その上、efoを導入することにより、ウェブサイト全体のデザイン改善をすることが出来ます。もちろんefoは、あくまで入力フォームの機能のグレードアップだけをフォローするものですが、サイト管理者がそのような考え方を持つことにより、他ページもユーザー目線で改善していこうという機運に繋がるでしょう。

低価格efoサービス提供会社GORILLA EFOの料金

GORILLA EFO(ブルースクレイ・ジャパン株式会社)の利用料金は、月額9,800円です。但し、初期費用は30,000円かかります。同社は、アメリカに本拠地を置く、全米ナンバーワンの企業です。

日本でもefoツールの提供や、インターネット広告事業、Webマーケティング事業などと、幅広い事業に進出しています。GORILLA EFOの入力支援機能数は17種類です。他社のサポート機能の平均が11種類であることを考えると、サービスが充実していると言えるでしょう。

そして、さらにフォームをチャット風にして入力ストレスを軽減させた「チャットフォーム」や、フォームに画像やリンク等のポップアップを表示させる機能など、新機能が続々加わっています。スマートフォンにも対応した入力サポート機能も14種類備えています。

加えて、デバイスやブラウザごとに、訪問数や離脱率・入力完了までの時間を確認できるなど、分析機能も充実しています。こうしたデータは、入力フォームのさらなる充実に役立てることが出来ます。利用者は、EC(インターネットでの商取引)・不動産・人材・教育業界が多いようです。

特に中小企業の割合が圧倒的です。重ねて、コンバージョンレートの平均は19%改善しています。また、同社efoの利用継続率は95%です。

合わせて読む:特許取得した製品も!様々な機能がついているお勧めefoツール!

低価格efoサービス提供会社formyの料金

formy(フォーミー)は株式会社リーピーが運営しているefoツールで、利用料金は月額6,000円です。30日間の無料お試しも行っています。同社は岐阜県でWeb関連の事業を展開している会社です。

efoツールの他に、SEO対策や、Web制作、情報管理・共有の為のツール開発・提供などを行っています。ツールの特徴としては、項目を自由に変更出来、フォームの分析も可能です。分析できる内容としては、問い合わせ数の表示や、各ページに訪問した回数・率、各項目に留まった秒数など細やかです。

さらに、期間を指定した集計が可能ですし、その他の機能も充実しています。利用者の業種や規模は様々です。顧客の反応としては「超ハイエンド」ではないものの、使いやすく価格も安価と言う、概ね好評価のようです。フォームを改良したい場合は、別途見積もりが必要です。

低価格efoサービス提供会社PriusProの料金

業界最安値と言える金額でefoサービスを展開しているのが、PriusProです。月の利用料金は2,000円です。顧客管理システムを月2,000円で利用できるのは、PriusProくらいではないでしょうか。

初期費用は5,000円かかります。30日間の無料お試し体験もあります。PriusProは、熊本県を本拠地に据えるコア・プロジェクト株式会社が提供する、商店向けの顧客管理システムです。PriusProは、既に2,000社以上のショップに導入されています。

PriusProは、顧客/会員登録・メルマガ配信・アンケート集計・お問い合わせ管理など、顧客管理システムの基本的な機能を持っています。使用した人からは、システムや機能が若干古臭いという感想がみられます。

例えば、携帯でクーポン券が発行できますが、画面のレイアウトなどがガラパゴス系携帯仕様だということでした。しかし、非常に安価ですので、定期的なメール配信をしたい個人商店などでは十分活用できるのではないでしょうか。

efoの入門機種としても良いと思われます。